都知事選 2016|公開質問

今尾貞夫

質問 1

東京都文化振興条例の基本原則には、文化芸術活動の担い手の「自主性と創造性を最大限に尊重する」と明記されています。芸術表現の多様性と質を確保することは、表現を受け取る観客の自由、特に知る権利を最大化させるという公益を担保します。貴殿が東京都知事となった場合、国際都市にふさわしい個性豊かな文化都市を創造するにおいて、文化芸術活動を行う者の自主性と創造性を最大限に尊重することを必然なものと考えますか。

回答:考える

質問 2

東京都文化振興条例の基本原則はまた「都は、この条例の運用に当たつては、文化の内容に介入し、又は干渉することのないよう十分留意しなければならない」と明記します。貴殿が東京都知事となった場合、都の文化振興を担う行政官、都立文化施設を指定管理する法人および各文化施設の管理職に配属されている都ないし市区町村の職員らが、本条例を遵守し、文化の内容に介入し干渉することのないよう十分に留意することが都の文化振興における基本原則であると考えますか。

回答:考える

質問 3

本条例に違反し、文化芸術活動の内容に介入・干渉したとする事実またはそのようなおそれがある事実が確認された場合、事実関係を調査し「制作現場からの救済の申し立てに対応する委員会」を設置するなど、貴殿は具体的にどのような施策または対応を採るのかをご記述ください。

回答:どんな場所でも、施設管理者、運用者、利用者との間のトラブルは生じます。トラブルメーカー、クレーマーの存在は前提されるので、両者と第三者常駐の委員会を常設し、どちらからでも訴えがあれば即時対応を決め、排除を決め、強制力を持たせる

質問 4

仮に都が文化芸術活動の内容に介入・干渉しなければならない例外が生じる場合があるとして、それはどのような場合に限定されるかをご記述ください。また、都が関与する企画や展示等において、都の文化振興を担う行政官、都立文化施設を指定管理する法人および各文化施設の管理職に配属されている都ないし市区町村の職員らの裁量は広く認められると考えますか。それとも、上記東京都文化振興条例の基本原則に鑑み、その裁量は狭いと考えますか。

回答:例外はない。結論は素早く出し施行する。常設委員会の設置。第三者の選任が難しいが、透明性をもって若手法曹人からでどうか?

BACK